都会でつぶやく虫ガール
生き物が大好きな都会の虫ガールは、ただいま昆活虫!
プロフィール

いきものはかせ

Author:いきものはかせ
■ 20代(アラサー)
■ 横浜市在住
■ カエルと虫を愛す
■ 森林セラピストを目指す
■ 鈴虫・イモリ・ハム飼育中

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
PR

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.09.06_09:29


うちの近所でもこの音が聞こえてきます~♪
虫の音は癒されますよね( ゚ ρ ゚ )ボーっ
さらに我が家からはスズムシとハムスターのカラカラ、
南部鉄器の風鈴の音…騒がしい?!?!
夜は窓開けっ放しなので、私は心地良いです!

我が家のスズムシは去年から(増殖してしまったため)
衣装ケースに芝目の土を敷き詰めて飼っております。
そのために自分の服を大量に処分したという…( ;∀;)

しかし、一人暮らしの乙女の部屋に場所なし!
しかたないのでベランダに放置。。。。。。。。
昼間はギラギラと降り注ぐ太陽の下、
エアコンの室外機の前で温風があたる
あまりに過酷な環境(m´・ω・`)m ゴメン…

トイレットペーパーの芯やダンボールなどで
隠れ家・脱皮できる場所を作ってやります。
あと、水分補給用に水苔の山を盛ってみたり。(今年から)

餌はナス・きゅうり・キャベツ・菜っ葉とかと、
かつおぶし・煮干、干し海老などなど。
週に1~2回変える程度です。
今年は死骸が少ない気がします…(ある意味ひどい)

そんな環境で生き残るたくましい昆虫は
今日も涼しげな音色で私を癒してくれます。うんうん。



スポンサーサイト

2010.09.05_13:45
2750.jpg

飼っている鈴虫のほぼ9割以上が成虫になり、
夕方から夜に盛んにリンリン鳴いています。・゚・(ノ∀`)・゚・。

はじめて飼ったのは小学生の頃です。
ゆうパックの「ふるさと小包」で鈴虫の取り扱いがあったんです。
(今はホームページに載ってませんでした)
プラケースに入った成虫が、鳴きながら家に届くという、
嬉しい夏休みのプレゼントでもありました。
長生きなのは12月まで生きるんですよ~(゚д゚)!

そうして土の中に卵だけが残り、
霧吹きをしてラップをかけて暗い押入れに保存。
翌年忘れた頃、わんさか孵化してて悲鳴Σ(゚∀゚ノ)ノキャー
飼育環境を整えて、餌を変えて、、、
…の繰り返しです。

近親交配で奇形が増えてきそうになると、
ホームセンターで乾燥した卵を追加して飼っていたため
増えに増えて庭に放流(?)したこともありましたねー。
たくましく野生化した鈴虫たちに拍手を送る親子。(←飼育放棄)
東京区内で野生のスズムシに会うことはまずないですからね。

ふるさと小包で鈴虫を送ってくださった
松井スズ虫研究所さんからは、毎年DMが届きます。
ヤドカリの他に今年はマツムシも?!
欲しいなぁぁ~~~チンチロリン♪

次回は、私流のスズムシの飼い方をご紹介します。
基本…「テキトー」でたくましく育てます(笑)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。